自己成長ができる企業

自己成長ができる企業とは年功序列制を採用していない企業です。
年功序列だと歳を重ねるだけで昇格し、若い時には何ら評価を受ける事が出来ません。
その様な企業では、自己成長の妨げとなります。
そこでベンチャー転職です。

ベンチャー転職は新しい会社なので、リスクもありますが、
企業も人も成長できる可能性が非常に高いです。
特に新しい業界にベンチャー転職はする事は業界の伸び代もあり、自己成長を促します。
ベンチャー会社は年齢層も若いので、年齢による昇格ができないと言う事もありません。
自分の実力でどんどん昇格する事が可能です。

昇格すると新しい事業を担当したり部下も出来るので、ますます自己成長できます。
特に部下の教育は試行錯誤が必要で答えがありません。自分自身で見つけるしかないのです。
これは人間関係も重要になっており、仕事の数字では推し量れない部分です。

この様に部下を教育する為に切磋琢磨し、その部下が成長すると自分も一緒に成長できたと実感できます。
もちろん部下の成長だけが自己成長ではありません。
ベンチャー転職の場合は新しい事業に自分が責任者でプロジェクトを進める事も出てきます。
そのプロジェクトが困難であれば困難なほど、頭を悩まし、
どの様にすれば成功するのかと言うプロセスを日夜考えるようになります。
その結果が実る事により自己成長が促されます

しかもこれは一度ではありません。ベンチャー企業は日夜新しい事を行い続けます。
ベンチャーだからこそ出来る方法であり、大企業には真似をする事が出来ません。
このフットワークの軽さを自分自身でも身に着ける事が会社の成長にもつながり、引いては自己成長にも繋がります。
また給料面でも高額支給されるベンチャー企業も多く、高額な給料を使用し、
資格勉強や趣味を磨くことにより仕事以外の面でも自分の成長を感じる事が可能です。
大企業であれば、始めは薄給は事が多く、この様な自己成長は望むことができません。”

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*