自分の可能性を信じろ!

最近の新卒入社から3年間での離職率は、約30パーセントとかなり高い数値になっています。
その為、第二新卒という言葉もかなり馴染み深くなっていますが、
この転職では同業他社に転職する人、全く経験のない業種に行く人などいろいろなパターンがあります。

その中でも、まだまだ若く可能性がたくさんある第二新卒におすすめなのは、ベンチャー転職です。
それまである程度の大きい企業に所属している場合にはなかなか踏み出しにくいかもしれませんが、
最近はベンチャーから上場する会社もかなり多く、チャンスはゴロゴロ転がっています

第二新卒というと入社して3年目までなので、社内でもまだまだ新人扱いで、
教育を受けている過程という会社と、ある程度活躍できる環境の会社でハッキリと分かれます。
しかし、やはりベンチャー企業に比べるとなかなか新人が活躍できる環境ではありません

もっと早く大きい仕事がしたい、自分なりの仕事がしたい、と感じている人はかなりたくさんいます。
そんな人には、一刻も早くベンチャー企業に転職し、活躍する道をおすすめします。
ベンチャー企業であれば大規模な会社と違って、
実力さえあればすぐにでも役職者になることが出来ますし、
よりフレキシブルな働き方を実現することが出来ます。
自分で仕事の組み立てを行っていかなければならないので、
もちろん転職前より仕事の難易度は高くなりますが、その分やりがいを感じて進めていくことが可能です。

ベンチャーというとそのリスクばかりが注目されがちですが、
実際はもしその会社がダメになってしまったとしても、
ベンチャーで活躍していたという経歴は自分にとってとてもプラスになることです。
大企業で多少の実績を残すことと、ベンチャーで仕事をとってきて実績を残すことは社会的な評価が全く異なります。
自分のキャリアプランにもよりますが、
ベンチャー転職は絶対にマイナスばかり、という訳ではないので自分の可能性を信じてチャレンジしてみましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*